連休中 晴れのエリア広がる でも南に台風 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

連休中 晴れのエリア広がる でも南に台風

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


きょうから3連休。初日のきょうは西日本で天気回復。晴れのエリアは次第に北へ。一方、日本のはるか南の海上には、台風24号。今後の動向に要注意。

連休初日の天気 西ほど外出に適 ただ 暑さに気を付けて

きょう22日の朝は、低気圧や前線の影響で広く雨が降っています。日中は、西から天気が回復する見込みです。
【各地の天気】
沖縄はおおむね晴れるでしょう。最高気温はきのうと同じくらいで30度~32度の予想です。
九州から近畿、東海にかけては、朝のうちは所々で雨。昼頃から広く晴れて、気温が30度前後まで上がります。極端な暑さではありませんが、屋外のレジャーやスポーツは、熱中症対策を心がけてください。特に、東海では、きのうの肌寒さから一転して急に暑さが戻り、体に負担がかかりそうです。
北陸は昼前までは曇りや雨。雷が鳴ったり、強い雨の降る所もあります。昼過ぎからは晴れてくるでしょう。最高気温はきのうと同じくらいで、26度前後の予想です。
関東は、午前も午後も所々でにわか雨。最高気温は25度~28度と、きのうより大幅に上がります。きょうは半袖でちょうど良さそうです。
東北は昼前まで広く本降りの雨。昼過ぎには、まとまった雨雲が離れていきますが、湿った空気の影響が残るため、日本海側を中心に所々で雨でしょう。最高気温は、南部はきのより高い25度前後。一方、北部はきのうより低く、22度前後と涼しくなります。
北海道は、南西部はすでに雨の降っている所が多く、今夜にかけても降ったり止んだり。東部は昼過ぎから、北部も夕方から次第に雨となりそうです。最高気温は15度~20度と、きのうより低く、肌寒いでしょう。

秋分の日は全国で行楽日和に

23日(秋分の日)は、広く行楽日和となりそうです。朝のうちまでは、北海道で雨の所がありますが、日中は全国で晴れるでしょう。にわか雨もほとんどなく、空模様の変化を気にせずに屋外のレジャーを楽しめそうです。ただ、引き続き、暑さ対策はしっかりと。東海から西の各地は日中の気温が30度前後で、北陸や、関東や東北南部の内陸でも30度近くまで上がる所が多いでしょう。
連休ラストの24日は、秋雨前線に伴う雨雲が西から広がってきます。九州から東海、北陸、関東にかけて、午前中は晴れ間がありますが、午後は雲が広がり、雨の所が増えてくるでしょう。東北と北海道は、日中、おおむね晴れて、行楽に良さそうです。夜になると雨の降る所もあるでしょう。

南の海上に 台風24号

昨夜(21日夜)、日本のはるか南、マリアナ諸島で台風24号が発生しました。今後しばらく、発達しながら西よりに進む見込みです。連休明けの25日頃から27日にかけては、フィリピンの東で動きが遅くなり、沖縄では、うねりが入るなどの影響が出てくることが考えられます。また、周辺の湿った空気の影響で、日本付近に停滞する秋雨前線の活動が活発になったり、進路次第では台風の直接の影響を受けるおそれもあります。連休明けからは、この台風の動向に注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい