秋雨前線活発 局地的な大雨 九州 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

秋雨前線活発 局地的な大雨 九州

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像


きょう(20日)は九州付近に秋雨前線が停滞し、暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、九州は各地で大気の状態が非常に不安定になっています。九州は発達した積乱雲が所々に発生し、局地的に猛烈な雨が降り、大雨となっている所があります。

熊本県 局地的に猛烈な雨

きょう(20日)は秋雨前線が九州付近に延びており、暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、前線の活動が活発になっています。九州は各地で大気の状態が非常に不安定になっており、発達した積乱雲が所々に発生しています。熊本県は午後3時30分前後に記録的短時間大雨情報が続けて発表され、解析雨量で御船町付近は約120ミリ、益城町付近・西原村付近・山都町矢部付近は約110ミリの猛烈な雨が降ったとみられます。
きょう午後7時までの24時間雨量は熊本県南阿蘇村178.0ミリ、高森町157.0ミリ、鹿児島県さつま町で155.5ミリに達するなど大雨になっている所があります。

20日夜遅くにかけて非常に激しい雨のおそれ

九州北部地方は熊本県を中心にきょう(20日)夜遅くにかけて雷を伴い1時間に60ミリの非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。これからあす(21日)夕方にかけて降る雨の量は熊本県の多い所で120ミリに達する見込みです。土砂災害や低い土地の浸水・河川の増水・氾濫に厳重な警戒が必要です。

あす(21日)も大気の状態は非常に不安定

きょう(20日)午後7時の気象衛星ひまわりの雲画像をみると、九州の周辺だけでなく、中国大陸東岸にも発達した積乱雲の集まりが見られます。
あす(21日)も九州北部は秋雨前線や湿った空気の影響で断続的に雨が降り、局地的に激しい雨が降るおそれがあります。引き続き土砂災害や低い土地の浸水・河川の増水、落雷や竜巻などの激しい突風に注意をしてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい