週間 秋の彼岸 気温の変化が大きい 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 秋の彼岸 気温の変化が大きい

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像


彼岸の入り20日(木)から22日(土)にかけて気温が上昇。真夏のような暑さに。秋分の日23日(日)以降は平年並みに戻るでしょう。21日(金)から22日(土)は東日本や西日本の日本海側を中心に大雨の恐れがあります。

あすの天気

前線が大陸から本州付近に延びるでしょう。
沖縄は大体晴れる見込みです。九州や中国地方は日中を中心に雨が降るでしょう。四国も断続的に雨が降る見込みです。近畿は雲に覆われて午後は次第に雨が降りだすでしょう。北陸は晴れから曇り空に変わり、早い所は夕方から雨が降る見込みです。関東は雲が多く、夜は雨が降るでしょう。東北は晴れ間が広がる見込みです。南部では夜、雨が降る所があるでしょう。北海道は晴れる時間が長いですが、午前中を中心に雲が広がる時間帯があり、所々で雨や雷雨がありそうです。20日(木)朝の最低気温は、東北では、けさ19日(水)より低くなる所があるでしょう。10月中旬並みとなる所がある予想です。そのほかの地域は、けさと同じくらいの予想です。最高気温は、山陽で平年より低く、10月中旬並みの予想です。そのほかの地域は、ほぼ平年並みの所が多い予想です。東北や北海道では、朝との気温の差が15度以上となる所があるでしょう。

あさって以降の天気

21日(金)は、前線上に低気圧が発生し、日本海を東へ進む見込みです。東北から九州にかけて広く雨が降るでしょう。北海道と沖縄は大体晴れる見込みです。
22日(土)は、低気圧が北日本付近へと進み、低気圧から延びる寒冷前線が本州を南下するでしょう。北海道は雨が降る見込みです。東北から九州にかけても雨が降り続く所があり、21日からの2日間の雨量が9月1ヵ月平均の5割以上となる所がある予想です。北陸、近畿北部、中国地方では大雨の恐れがあります。沖縄は晴れの天気が続くでしょう。
23日(秋分の日)は、本州付近は夏の高気圧と秋の高気圧に挟まれ、気圧の谷となるでしょう。全国的に雲が広がりやすく、雨が降る所がありそうです。ただ、三連休の中では、晴れ間がのぞく可能性が高いです。
24日(月)は、本州付近に南から暖かく湿った空気が流れ込むでしょう。北海道では日差しが戻りますが、東北から九州、沖縄にかけては曇り空で、雨が降る所があるでしょう。
25日(火)以降は、西から気圧の谷が近づく見込みです。広く曇りや雨でしょう。関東や東海では、雨量が多くなる所がありそうです。

秋分の頃、夏のような暑さの所も

21日(金)は、この時期らしい気温の所が多いでしょう。22日(土)は関東や東北で、最高気温が前日より10度くらいも高くなる所がある予想で、真夏並みの暑さになりそうです。そのほかの地域も平年並みか高い所が多い予想です。湿度が高く、蒸し暑くなるでしょう。23日(秋分の日)にかけても不快な暑さが続く所がありそうです。お墓前りなどに出かける際は、熱中症にお気をつけ下さい。24日(月)は、全国的にほぼ平年並みに戻る見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい