きょう(18日) 厳しい残暑 九州 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

きょう(18日) 厳しい残暑 九州

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像


きょう(18日)の九州は各地ともおおむね晴れて、日差しを暑く感じました。最高気温は30度以上の真夏日の所が多く、鹿児島県の鹿児島市喜入は33.8度まで上がり、きょう(18日)全国で気温が1番高くなりました。

九州南部 厳しい残暑

きょう(18日)の九州は東シナ海に中心を持つ高気圧に覆われ、日中は各地ともおおむね晴れました。きょう(18日)の最高気温は30度以上の真夏日の所が多くなりました。鹿児島県の鹿児島市喜入は33.8度まで上がり、きょう(18日)は全国で1番気温が高くなりました。また、宮崎県の都城市は32.3度まで上がり真夏並みの暑さとなるなど、九州南部は厳しい残暑でした。

季節は変わり目へ

あす(19日)も九州は残暑が続き、最高気温が30度以上の真夏日の所が多いでしょう。あさって(20日)は中国大陸から秋雨前線が延びてくるため、九州は雲が多い天気で、北部から次第に雨が降り出す見込みです。21日(金曜日)から22日(土曜日)は秋雨前線が対馬海峡から南下し、九州北部を中心に一時雨が降る見込みです。この雨を境に大陸から次第に涼しい空気が流れ込むでしょう。昔から「暑さ寒さは彼岸まで」と言われますが、今年もその通りになりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい