6日 北と西は不安定 急な雨や雷雨に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

6日 北と西は不安定 急な雨や雷雨に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像


きょう6日、広い範囲で日差しあり。ただ、北日本と西日本は、急に激しい雨が降ってきたり、雷雨になる所も。

きょうの天気

きょうの日中、広い範囲で日が差して、気温がグングン上昇。その一方で、北日本の上空を、気圧の谷や寒気が通過するため、北海道や東北は大気の状態が不安定。また、南に停滞する前線や周辺の湿った空気の影響で、四国や九州も局地的に雨雲や雷雲が発達します。
【各地の天気(北から)】
北海道と東北北部は、晴れ間はありますが、午前も午後も、急に強い雨が降ってきたり、雷雨になる所があるでしょう。黒い雲が近づく、ゴロゴロという音が聴こえてくるといった、天気急変のサインに十分に気を配ってください。なお、きょう発生した地震で揺れの大きかった地域では、たとえ少しの雨でも土砂災害が発生する危険があります。今後も、気象台や自治体からの情報をこまめに確認のうえ、慎重な行動を心がけてください。
東北南部や北陸、関東、東海、近畿、中国地方にかけては日中いっぱい晴れるでしょう。あす以降は、しばらく曇りや雨の日が続きますので、日差しを有効に使うと良さそうです。夜は雲が増えて、雨の降りだす所もあります。
四国と九州も晴れ間はありますが、昼前後からは急な雨に注意が必要です。局地的には、傘があっても濡れてしまうほど激しく降るでしょう。
沖縄はおおむね晴れる見込みです。

きょうの最高気温 全国的に厳しい残暑

きのうと同じくらいで、平年より高い所が多いでしょう。各地で厳しい残暑が続きます。こまめな水分補給を心がけてください。屋外の作業やスポーツは決して無理をせず、時間を決めて休憩をとるようにしましょう。
札幌で28度、旭川で26度など、北海道も汗ばむくらいです。
青森で31度、仙台で30度ど、東北は広く30度以上で、福島県では35度近くまで上がる所もあるでしょう。
北陸や関東から西も広く30度を超えます。金沢は32度、東京は34度、名古屋は33度、大阪は32度、広島と高知は31度、福岡は32度、那覇は31度の予想です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい