台風 四半世紀ぶり非常に強い勢力で上陸へ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風 四半世紀ぶり非常に強い勢力で上陸へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


台風21号は、あす4日、四半世紀ぶりに非常に強い勢力を維持したまま上陸する見込みです。接近に伴い、急速に雨や風が強まる恐れがあります。

四半世紀ぶり 「非常に強い」勢力で上陸へ

台風21号はあす4日に非常に強い勢力を維持したまま四国から紀伊半島にかなり接近し、上陸する見込みです。非常に強い勢力で上陸すれば、1993年の台風13号以来、四半世紀(25年)ぶりのことになります。

急速に雨風が強まる 最新の情報を

台風21号を雲画像(上の図)で見ると、白く渦巻がくっきりしていて雨雲が発達している様子が分かります。この非常に強い勢力を維持している台風21号の接近に伴って、四国や近畿、東海などの太平洋側では急速に雨や風が強まる恐れがあります。上陸後は速度を上げて一気に本州を縦断する見込みです。1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降ったり、特急電車並みの猛烈な風が吹き荒れ、屋外での行動はきわめて危険な状態となりそうです。できるだけ不要不急の外出は控えた方が良いでしょう。また川が一気に増水したり、土砂災害の危険も高まります。tenki.jpやテレビラジオなどで最新の気象情報を常にチェックするとともに、自治体から出される避難指示や避難勧告を見逃さない、聞き逃さないようにしてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧



関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい