台風21号 西日本 接近前から激しい雨 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風21号 西日本 接近前から激しい雨

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


3日は、非常に強い台風21号が沖縄の大東島地方に接近。また、周辺の湿った空気の影響で、西日本では台風接近前から激しい雨の恐れ。

きょう 台風の影響広がる 西日本 備えは昼頃までに

非常に強い台風21は、きょう午前3時現在、沖縄の南大東島の東にあり北北西へ進んでいます。今後さらに北上し、昼前に大東島地方に最も接近するでしょう。さらに、この台風周辺の湿った空気が西日本の太平洋側に流れ込んできます。また、前線が関東付近から次第に東北付近まで北上するでしょう。
【各地の天気】
沖縄の大東島地方は、昼前後をピークに立っているのも大変なほどの非常に強い風が吹くでしょう。海は大シケです。また、日中いっぱい雨で、雷を伴い強く降ることもあるでしょう。
沖縄本島地方や先島諸島は大体晴れますが、風がやや強く、波が高くなります。
九州から近畿は、昼過ぎまで各地で晴れますので、早めに台風対策を済ませておくようにしてください。太平洋側では夕方から雨の降りだす所があり、降り方が強まってきます。道路が川のようになるほど激しく降る所もあるでしょう。
東海は、今朝、前線の影響で曇りや雨。天気はいったん回復し、日中は晴れるでしょう。夜は再び所々で雨が降りだし、遅くなるほど雨の範囲が広がりそうです。
北陸はおおむね晴れる見込みです。
関東と東北は一日雲が多く、所々で雨でしょう。
北海道は晴れ間がありますが、昼頃からは太平洋側を中心に雨の降る所もありそうです。
なお、あす4日、西日本では、太平洋側の早い所では午前中から雨に加えて風も強まってきます。特に、四国では昼前後をピークに、近畿では昼過ぎから夕方をピークに大荒れとなるでしょう。午後には東海や北陸、関東も雨や風が次第に強まり、夜は東北や北海道まで影響が広がる見込みです。

きょうの最高気温 北陸や東海以西 厳しい残暑が続く

最高気温は全国的にきのうと同じか高いでしょう。
那覇は31度、福岡は34度、高知は31度、広島は34度、大阪は35度、名古屋は31度、金沢は32度の予想です。沖縄や九州から東海、北陸にかけて広く30度を超え、35度以上の猛暑日の所もあるでしょう。熱中症対策を万全になさってください。
関東や東北も、ムシッとした暑さで、東京と仙台は26度、青森は27度でしょう。
北海道は涼しい空気に覆われます。札幌で23度、釧路で20度と、日差しはあっても、それほど上がらないでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい