台風21号 今年最強の勢力で上陸の恐れ

tenki.jp

きょう2日正午現在、「非常に強い」勢力で、日本の南の海上を北上中です。今回の台風は今年、日本に接近・上陸した台風の中で、最も強い勢力となる見通しで、動向には厳重な警戒が必要です。

台風最接近・上陸は4日の日中帯か・・・

きょう2日正午現在、台風21号は日本の南の海上を時速20キロの速さで北上しています。一時は「猛烈な」レベルにまで発達した台風21号。今は「非常に強い」勢力ですが、今後ほぼ勢力を維持した状態で、日本列島に接近、上陸の可能性があります。最新の進路予想だと最接近、上陸は4日火曜日の日中帯の可能性が高くなっています。

台風接近前から警戒を!

台風の北上に伴い、台風周辺の非常に湿った空気が日本列島に流れ込み、西日本から東日本の太平洋側では局地的に雨雲が発達し、台風接近前から雨量が多くなる所がありそうです。特にそのような傾向があるのが、東海、近畿(紀伊半島南側)、四国(高知、徳島)です。
また、台風進路の東側に位置する地域では台風周辺で吹く暴風と台風本体の移動速度が加わり、より強い風が吹き荒れることが予想されます。

情報は常に新しいものを!

今回の台風は日本付近で急速にスピードを上げるため、影響が急に出るのが特徴です。このため、雨や風のピークが予想よりも早まり、影響が拡大する可能性があります。気象情報や交通情報、自治体から出される情報は常に新しいものをご確認ください。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック