首都圏 雷雨のち、またまた猛暑に!?

2018/08/28 16:42

メイン画像
メイン画像
あす(29日)も秋雨前線は東北南部から関東付近に停滞。関東甲信地方は大気の不安定な状態が続きます。さらに猛烈な暑さの戻る日も。猛暑に幕が下りるのはいったいいつになるのでしょうか? きのうは都心でも記録的大雨に、きょうは? 強い日差しが照り付けて気温が上昇し、広く猛暑日となったきのう(27日)の午後は、関東甲信の広い範囲で大気の状態が不安定になり、夜にかけて局地的に激しい雨や雷雨となりました。東京都世田谷区でも記録的短時間大雨情報が発表されたり、稲妻が走り雷鳴が轟いたりしたほか、文字通り「バケツをひっくり返したような」雨が降り「道路が川のように」なった所もあり、冠水した歩道に波が打ち寄せるような様子も見られました。 きょう(28日)も、前線が北陸から東北南部付近に停滞していて、関東甲信には南から湿った空気が流れ込み大気の状態が不安定になっています。日中の気温がそれほど高くはならず、きのうのような広い範囲で激しい雨が降ることはない見込みですが、夜にかけて局地的な雨や雷雨に注意が必要です。 あすも前線が停滞、局地的な雷雨も あす(29日)も前線が北陸から東北南部や関東付近に停滞したまま。きょう(28日)と同じような気圧配置が続き、湿った空気の流れ込みが続きます。関東甲信は朝から雲に覆われて、昼前後から所々で雨が降るでしょう。関東北部ではカミナリの鳴る所もあって、天気の急変に注意が必要です。洗濯物もあすはまだ、室内干しのほうが良さそうです。 あさっては再び猛暑、まだ続く?ハンパない暑さ
画像C
画像C
あさって(30日)になると、停滞していた前線が東北北部あたりまで北上する見込みです。関東甲信は日差しが戻るとともに、猛烈な暑さも戻ってきてしまいそうです。関東甲信にあるアメダスの9割近くで30度以上の真夏日となり、内陸では35度以上の猛暑日になる所もあるでしょう。最高気温は甲府市では36度、熊谷市や前橋市では35度、東京都心は34度の予想です。真夏にたまった疲れも出始めるこの時期ですので、水分・休息・栄養をしっかりとって、体調管理に気をつけましょう。31日も残暑が続きますが、9月に入るとともに真夏日の所はグッと減り、週末の真夏日地点は関東甲信にあるアメダスの半数以下になりそうです。平年よりは少し高めですが、秋の訪れとともに残暑も一段落となるでしょう。

あわせて読みたい

  • 残暑の厳しい日曜日 猛暑の続く月曜日

    残暑の厳しい日曜日 猛暑の続く月曜日

    tenki.jp

    8/26

    4日 西日本・東日本で大雨のおそれ 局地的に激しい雨も 雨のピークは?

    4日 西日本・東日本で大雨のおそれ 局地的に激しい雨も 雨のピークは?

    tenki.jp

    9/3

  • 三連休の天気 暑さ猛烈 急な雨に注意

    三連休の天気 暑さ猛烈 急な雨に注意

    tenki.jp

    7/13

    15日 九州南部で滝のような雨 関東甲信は猛烈な暑さ

    15日 九州南部で滝のような雨 関東甲信は猛烈な暑さ

    tenki.jp

    6/15

  • 伊豆諸島に秋雨前線が停滞 3連休は関東にも影響が

    伊豆諸島に秋雨前線が停滞 3連休は関東にも影響が

    tenki.jp

    9/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す