きょう(28日)も猛暑日継続 九州北部 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

きょう(28日)も猛暑日継続 九州北部

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


きょう(28日)は本州付近に秋雨前線に伴う雲が広がり、前線北側の北日本は秋の涼しい空気に覆われていますが、前線南側の九州は厳しい残暑が続いています。きょうの最高気温は福岡県久留米市で36.3度、大分県日田市で36.1度まで上がるなど、九州は内陸を中心に35度以上の猛暑日が続いています。

内陸中心に猛暑日

秋雨前線に伴う雲の帯が朝鮮半島から本州の日本海側を通り三陸沖に延びており、秋雨前線の南側は夏の暑い空気、前線の北側は秋の涼しい空気が入っています。
きょう(28日)の九州北部は朝から強い日差しが降り注ぎ、最高気温は福岡県久留米市で36.3度、大分県日田市で36.1度まで上がるなど、内陸は35度以上の猛暑日が続いています。きょう(28日)の猛暑日も含め、この夏の猛暑日日数は久留米市43日(観測史上1位)、日田市42日(観測史上3位)と記録的な暑さとなっています。

月末から季節の変わり目へ

九州北部は30日(木曜日)ごろまで夏の太平洋高気圧に覆われ、内陸は35度以上の猛暑日の所があるなど厳しい残暑が続くでしょう。31日(金曜日)~9月1日(土曜日)は九州付近を秋雨前線が南下するため雨が降り、この雨を境に北から一時的に秋の涼しい空気が入る見込みです。8月の終わりと共に季節が秋へと一歩近づく見込みです。九州もようやく長い猛暑から抜け出せそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい