台風20号 強い勢力に 木曜から西日本へ

tenki.jp

台風20号は、きょう21日15時に「強い」勢力になりました。今後も勢力を保ちながら北上し、23日から24日には西日本へ接近、上陸するおそれが高まっています。

勢力を保ちながら北上

台風19号は非常に強い勢力を維持したまま、22日未明にかけて九州南部や奄美にかなり接近するでしょう。九州南部や奄美では22日にかけて大荒れの恐れがあります。
また、台風20号は、きょう21日15時に「強い」勢力になりました。15時現在、中心気圧は970hPa、中心付近の最大風速は毎秒35メートルで、小笠原近海を1時間に30キロの速さで北西へ進んでいます。今後も海面水温の高い領域を進み、勢力を保ちながら日本の南を北上する見込みです。23日から24日には西日本へ接近、上陸するおそれが高まっています。西日本付近を通過後は、いったん日本海に抜けますが、進路を東寄りに変え、24日の後半から25日にかけて、北日本にも近づくおそれがあります。

台風の「強さ」とは

台風の強さは最大風速で区分されており、「強い」は最大風速が毎秒33メートル(64ノット)以上~毎秒44メートル(85ノット)未満、「非常に強い」は最大風速が毎秒44メートル(85ノット)以上~毎秒54メートル(105ノット)未満、「猛烈な」は最大風速が毎秒54メートル(105ノット)以上です。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック