北海道 雨のピークはこれから! 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 雨のピークはこれから!

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像C

画像C


雨の一週間となっている北海道ですが、今日も広く雨が続いています。明日も雨の一日で、今回の雨のピークとなりそうです。
雨の強まる地域や時間帯、注意警戒事項について解説いたします。

これまでの雨

降り始めの13日11時から15日19時にかけての雨は
石狩地方 札幌市手稲山   80.5ミリ
後志地方 赤井川        79.5ミリ
後志地方 神恵内      78.5ミリ
などでした。
その他の地域でも雨量は全般に多くなっており、大気の不安定な状態も続いて、一時間に20ミリを超えるような強い降り方となった所もありました。
雨は明日、明後日にかけて降り続く見込みです。

明日以降の雨の降り方

この一連の雨のピークは明日16日となる見込みです。午前中は太平洋側を中心に雨となるでしょう。活発な雨雲は次第に北上し、昼頃からは日本海側や、上川地方などの内陸でも降り方が強まる見込みです。大気の状態は不安定となりますので、一時間に30ミリと激しく降る恐れがあります。広い範囲で雷を伴う恐れもありますので、天気の急変等には十分注意して下さい。
今日15日18時からの24時間雨量は、多い所で100ミリに達する恐れがあります。
13日からの雨により、地盤の緩んでいる所や増水している河川がありますので、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分注意が必要です。落雷や突風、ひょうにも注意して下さい。
また、日中も気温が上がりにくくなります。雨で濡れた体は冷えやすいので、傘だけでなく、防水機能の付いた上着があると良さそうです。

17日以降の天気

17日は西から高気圧が張り出してくるため、次第に天気が回復する所が多く、週末も晴れる所が多くなりそうです。しかし気温は16日から17日は北よりの風が卓越し、上空には寒気が流れ込むため低い状態が続きますが、その後は南よりの風に変わる所が多くなるでしょう。そのため19日頃から上昇し、広い範囲で夏の陽気となりそうです。※8月15日23時20分、内容に誤りがあったため、
札幌市手稲山の平年値に関する記述を削除しました。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい