台風・前線 大雨の恐れ Uターンに影響か 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風・前線 大雨の恐れ Uターンに影響か

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


台風15号は九州に上陸の恐れ。15日朝にかけて九州は暴風、高波、土砂災害に注意、警戒。16日は前線の活動が活発になり北海道や本州付近も広く大雨の恐れ。

台風15号 九州に上陸か

台風15号は15日朝にかけて九州に接近、上陸する予想です。台風の本体の雨雲や強風域は比較的小さいため、台風の接近に伴って、風や雨が急激に強まる恐れがあります。
九州は14日夜から15日朝は非常に強い風が吹き、海上はうねりを伴ってしけるでしょう。大気の状態が非常に不安定になり、15日の未明にかけて、局地的に雷を伴って非常に激しい雨が降る見込みです。台風が過ぎた後も九州や四国には湿った空気の流れ込みが続くため、雨量が多くなる可能性があります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に注意、警戒して下さい。

前線の活動活発化

16日から17日にかけて、日本列島を前線が南下するでしょう。前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発化する見込みです。北海道や東北は広く雨で、特に東北の日本海側を中心に非常に激しい雨が降り、年に何度もないような大雨となる恐れがあります。大雨による災害に警戒が必要です。道路が冠水してしまったり、列車などの運行に影響のでる可能性もあります。Uターンなどの際は交通情報にもご注意下さい。北陸や東海から九州も雨で、活発な雨雲がかかるでしょう。北陸や東海、近畿では雨量が多くなる所がありそうです。関東も17日の午前中は雨脚の強まる所があるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい