14日夜 西日本と東海の天気と注意点 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

14日夜 西日本と東海の天気と注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


西日本と東海は14日夜、太平洋側を中心に激しい雨の降る所があるでしょう。九州南部を中心に次第に台風の活発な雨雲がかかり、局地的には滝のような雨が降りそうです。

台風15号は九州へ 滝のような雨も

14日、西日本と東海は日中は晴れた所が多く、体にこたえる暑さが続きました。台風15号周辺の湿った空気が流れ込んでいる中、気温が上昇したため、大気の状態が不安定になり、昼頃からは東海から近畿の所々で雨雲が発達しました。夜にかけては太平洋側を中心に激しい雨の降る所があるでしょう。なお、台風15号は今夜遅くからあすの未明にかけて九州に接近、上陸する恐れがあります。今夜遅くなると九州南部を中心に台風本体の活発な雨雲がかかるでしょう。局地的には滝のような非常に激しい雨が降りそうです。お盆や夏休みで車での移動が増える時期ですが、激しい雨により視界が悪化したり、道路が冠水したりすることも考えられ、注意が必要です。

寝苦しさアップ

夜も気温の下がり方は鈍いでしょう。福岡、長崎、広島、神戸などでは、深夜0時頃まで気温が30度近くあって、かなりの蒸し暑さとなりそうです。気温の高い状態が長い時間続くことで、体により負担がかかるでしょう。体調が優れない時は熱中症にかかりやすくなりますので、なるべく涼しくして過ごし、無理のないようになさってください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい