週間 水曜~木曜 台風や前線で大雨の恐れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

週間 水曜~木曜 台風や前線で大雨の恐れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像


今夜からあす15日(水)未明にかけ、台風15号が九州に接近、上陸の恐れ。16日(木)にかけて前線や低気圧が日本付近を通過。広範囲で雨が強まり、交通への影響も。

あす 北海道と九州で大雨に

北海道には前線が停滞し、この前線上に発生する低気圧が近づきます。また、台風15号が、今夜からあす未明にかけて九州にかなり接近し、上陸する恐れがあります。
【各地の天気(北から)】
北海道は雨。日本海側を中心に断続的に激しく降り、雨の量が多くなりそうです。低い土地の浸水や川の増水に注意が必要です。
東北は午後は山沿いで局地的に雨雲が湧きます。夕方以降は、前線の影響で北部の広い範囲で雨となり、次第に強まるでしょう。
北陸と関東甲信は昼前まで大体晴れ。午後は山沿いを中心ににわか雨があるでしょう。
東海、近畿、中国地方も日差しがありますが、午前も午後も急な雨にお気を付け下さい。
四国は台風周辺の湿った空気の影響で雨が降ったりやんだりで、太平洋側で局地的に激しく降るでしょう。
台風が接近する九州は、午前中は、車の運転が困難なほどの非常に強い風の吹く所があり、滝のような雨が降るでしょう。午後は、風は収まってきますが、雨は夜まで断続し、川の水かさが増したり、道路が冠水したり、低い土地が浸水する恐れがあります。海は、波の高い状態が続くでしょう。
沖縄は、南にある熱帯低気圧の影響で雨が降ったりやんだり。昼頃までは局地的に激しく降るでしょう。

あさって以降の天気

あさって16日(木)は、低気圧が北日本を通過し、前線が東日本から西日本を通過します。北海道は雨が続き、さらに雨の量が増えるでしょう。東北も、北部を中心に災害につながるような大雨となる所がありそうです。北陸や関東から九州にかけても、前線の近づくタイミングで雨脚が強まったり、雷雨になる所もありそうです。交通に影響が出るおそれもありますので、気象情報に加えて交通情報も十分に確認し、時間に余裕を持った行動を心がけてください。17日(金)以降も、大気の状態は不安定で、晴れても午後はにわか雨の可能性があります。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい