台風15号九州南部へ 本州も局地的な大雨 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風15号九州南部へ 本州も局地的な大雨

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像


台風15号は14日午後、九州南部にかなり接近する予想。暴風に警戒し、高波に注意。本州付近は14日も大気の状態が非常に不安定で、傘が役に立たないような非常に激しい雨の降る所も。

台風15号

台風15号は14日午後には九州南部にかなり接近し、その後、東シナ海へ進む予想です。台風15号本体の雲域は比較的小さいため、台風が近づくと急速に風や雨が強まる特徴があります。
九州南部は14日は台風の接近に伴って急に風が強くなり、夕方から夜の初め頃にかけて非常に強く吹くでしょう。海上はうねりを伴ってしける見込みです。暴風に警戒し、高波にご注意下さい。年間でも潮位が高い時期となっていますので、高潮にも注意が必要です。
九州南部や奄美では大気の状態が非常に不安定になり、14日夜には滝のような非常い激しい雨の降る所もあるでしょう。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒して下さい。交通機関への影響にも注意が必要です。
また、西日本の太平洋側でもうねりを伴った高波に注意が必要です。晴れて比較的穏やかな天気でも、海岸付近では急に高い波が押し寄せる可能性があります。

大気の不安定な状態続く

13日は広く大気の状態が非常に不安定で、山梨県都留市付近で約100ミリ、福井県大野市付近で約110ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、記録的短時間大雨情報が発表されました。東京都内も活発な雨雲がかかり、激しい雷雨に見舞われました。
14日も関東甲信や東海、北陸を中心に大気の非常に不安定な状態が続くでしょう。13日よりは多少範囲は狭いですが、雨雲や雷雲が発達し、局地的には滝のような非常に激しい雨が降りそうです。非常に激しい雨とは傘が役に立たないような雨で、道路が一気に冠水してしまうこともあります。アンダーパスなど低い道路は特に注意が必要です。屋外のレジャーなどは無理をせずに、活発な雨雲が近づいてきたら、建物の中に移動するようにしましょう。特に川のレジャーは下流では雨が降っていなくても、上流で降った雨が流れて、増水してしまうこともあるので、注意が必要です。tenki.jpの「豪雨レーダー」などで雨雲の動きを把握すると良いでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい