台風の発生ハイペース 週中頃 大雨注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風の発生ハイペース 週中頃 大雨注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像C

画像C


きょう13日(月)は台風16号が発生。今年は台風の発生がハイペース。今週は台風や元台風が姿を変えて列島に影響。また、アメリカから越境台風も?南の海上がザワザワしています。

台風発生ハイペース 九州は15号注意

きょう13日(月)、台風16号が南シナ海で発生しましたが、この台風は日本への直接の影響はありません。台風の発生数は、1月~8月は平年13個くらいですが、すでに16個とハイペースとなっています。目先、日本に影響を及ぼしそうなのが台風15号。あす14日(火)は九州の南を北西に進む見込みです。12日(日)に発生した当初は14日(火)には九州の南で熱帯低気圧に変わる予想でしたが、熱帯低気圧に変わるのは、東シナ海をぬけて大陸に近づく16日(木)頃となりそうです。暴風域は伴っていなく、コンパクトでスケールも小さい台風ですが、熱帯の空気をたっぷりもっています。台風周辺からの湿った空気が入るため、九州南部では大雨や強風、高波に注意・警戒が必要です。

元台風14号 姿を変えて列島へ

台風14号は、きょう13日(月)15時に熱帯低気圧に変わりました。ただ、油断しないで下さい。熱帯の湿った空気が日本海に流れ込み、北日本付近に停滞する前線の活動が活発に。その活発な前線に伴う雨雲が日本海から本州付近に、16日(木)頃流れ込む見込みです。16日(木)~17日(金)は全国的に雨で、大雨の恐れがあるため最新の情報をこまめにチェックお願いします。

ハリケーンが台風になるかも?

日本のはるか東、ちょうど日付変更線の東(東経180度を越えたあたり)にハリケーン(ヘクター)があり西へゆっくり進んでいます。このあとも西よりに進み、14日(火)以降、日付変更線を越え、越境してくる可能性があります。日付変更線を越えると、それまで「ハリケーン」と呼ばれていたものが「台風」と呼ばれるようになります。これは海域ごとに管轄する機関がことなるためです。越境台風はこれまでにも何個かあり、もしハリケーン(ヘクター)が台風になれば2015年の台風17号以来です。なお、2015年は台風12号(ハリケーン・ハロラ)も越境台風となっており、ハロラは長崎・佐世保付近に上陸しています。越境後に日本に上陸することもあるため、今後の動きに注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい