台風13号東北沖へ 沿岸部は影響続く 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風13号東北沖へ 沿岸部は影響続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


強い台風13号は9日10時現在、時速15キロの速さで水戸市の東の海上を北上中。きょう9日の夜にかけて暴風域を伴いながら東北の東海上を北上する見込みです。依然として遅い速度で進むため、沿岸部中心に影響が長引きそうです。強い台風13号は暴風域を伴いながら、1時間に15キロの遅い速度で関東の東海上を北上しています。関東や東北の太平洋側の海上では猛烈な風や猛烈なしけとなっている所があります。水戸ではきょう9日明け方に21.6メートル、千葉県銚子市では朝に最大瞬間風速27.5メートルを記録し、今年一番の強い風が吹きました。

関東も引き続き警戒を

依然として台風の進む速度が遅いため影響が長引きそうです。関東の沿岸部では9日昼過ぎにかけて、東北の太平洋側では9日の夜にかけて暴風となるでしょう。関東の海上では9日夕方にかけて、東北の太平洋側では10日にかけて大しけとなる見込みです。波が堤防を超え、海岸付近の施設や道路が被害を受けるおそれもあります。海岸へ様子を見に行くことなどは非常に危険です。沿岸部には絶対に近づかないようにしてください。

東北では非常に激しい雨も

東北では台風本体の雨雲がかかるため、9日昼過ぎかけて滝のような非常に激しい雨が降って車の運転が危険なほどになるおそれもあります。あす10日正午までの24時間に東北では120ミリの雨が予想される所もあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、氾濫に警戒してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい