台風13号 交通機関に影響か ピークは? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風13号 交通機関に影響か ピークは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


強い台風13号は暴風域を伴い関東地方にかなり接近の恐れ。非常に激しい雨が降り、風も強まって、大荒れの天気となるでしょう。関東地方の雨・風のピークは8日(水)の夕方から9日(木)の明け方にかけてとなりそうです。

台風13号で大荒れ

強い台風13号は暴風域を伴ったまま、8日(水)から9日(木)にかけて、関東地方にかなり接近する恐れがあります。
関東地方は台風が接近する8日から9日にかけては広い範囲で非常に激しい雨が降り、大雨となる見込みです。多い所では9日6時までの24時間に300ミリの雨が降る予想です。土砂災害や河川の増水、氾濫、低い土地の浸水に警戒して下さい。また、8日は朝から風が強まり、昼前からは沿岸部を中心に非常に強い風が吹き荒れるでしょう。特に、台風が最接近する8日の夕方から9日の明け方が雨・風ともにピークに。交通機関が乱れる可能性がありますので、8日はできるだけ早めに帰宅すると良いでしょう。9日の朝も気象情報や交通情報にご注意下さい。
台風の進路は昨日までの予想よりやや東よりになり、スピードも多少アップする予想に変わってきています。このため、千葉県や茨城県など沿岸部ほど活発な雨雲がかかりやすく、雨量も多くなりそうです。大荒れのピークもやや早まっています。今後も台風の進路によって、地域やピークが変わる可能性がありますので、最新の台風情報にご注意下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい