台風13号 暴風域伴い北上 本州接近か

tenki.jp

台風13号は風速25メートル以上の暴風域を伴っています。今後、勢力を強め北上する予想で、来週中頃に本州に接近の恐れがあります。

台風13号 暴風域を伴って北上

台風13号は4日(土)午前9時現在、風速25メートル以上の暴風域を伴ってマリアナ諸島を北北西へ15キロの速さで進んでいます。中心気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートルです。
今後は、強い勢力に発達し、小笠原近海を北上する予想です。小笠原諸島では6日(月)頃は大荒れや大しけの恐れがあります。その後の予報円はまだ大きくなっています。進路の予想にかなり幅がある状況ですが、9日(木)は本州が予報円に入っています。日本付近の海面水温は平年より高く、台風の勢力はあまり衰えずに本州に接近する可能性があります。
今後の台風の進路によっては週間予報が大きく変わる可能性があります。今後の台風情報、気象情報にご注意下さい。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック