3日夜 西日本・東海エリアの天気と注意点 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

3日夜 西日本・東海エリアの天気と注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


西日本・東海エリアは、今夜(3日)も気温が下がりにくく、夜の熱中症に注意が必要です。あす(4日)も危険な暑さが続くでしょう。

3日夜も熱中症対策を

3日も九州から東海にかけて最高気温が35度以上の猛暑日になった所が多くありました。午後3時までの最高気温は、名古屋と岐阜県美濃市で40.3度まで上がり、名古屋では観測史上初めて40度以上となりました。そのほか、九州北部から東海の多くの所で35度以上となりました。
3日夜から4日朝にかけても気温はあまり下がらないでしょう。多くの所で4日朝の最低気温は25〜27度くらいと、熱帯夜が続きそうです。就寝前にコップ1杯の水を飲むなどの水分補給を心掛けてください。

4日も危険な暑さ続く

4日も西日本や東海の各地で強い日差しが照りつけ、広い範囲で35度以上の猛暑日となるでしょう。危険な暑さが続きます。
豪雨の被災地では、特に環境の変化や疲れで熱中症の危険性が高まっているため、十分な対策が必要です。作業中は、こまめに日陰で休息をとったり、風通しの良い服装を選ぶなど、できる限りの対策をして下さい。
午後は九州や四国、東海の山沿いを中心に局地的に雨雲が発生しそうです。晴れていても急に降りだすは激しい雨や落雷、突風などにご注意下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい