九州北部 体温を超える暑さ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州北部 体温を超える暑さ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


きょう(2日)の九州北部は福岡県久留米市や大分県日田市で37.8度まで上がるなど、九州の北西部を中心に体温を超える猛烈な暑さとなりました。あす(3日)以降も猛暑が続くため、熱中症に警戒が必要です。

フェーン現象

きょう(2日)の最高気温は福岡県久留米市と大分県日田市は37.8度、福岡市はこの夏2番目に高い37.5度を観測するなど、九州の北西部で大きく気温が上昇しました。
きょうの九州は台風12号の外側を吹く南東の風が吹き込み、この風が九州山地を越える時に、熱風となって風下側に吹き下ろす「フェーン現象」が発生しました。このため、九州の北西部で気温が上昇し、きょうは35度以上の猛暑日の所が多くなりました。

あす(3日)以降も猛暑に警戒

あす(3日)の九州は晴れる所が多く、各地で気温が高くなるでしょう。あすの最高気温は九州北部で36度前後の所が多く、九州南部も内陸を中心に35度以上の猛暑日の所がある見込みです。
4日(土曜日)以降も猛暑が続くと見られるため、こまめに水分を摂り、たくさんの汗をかいた時に塩分もあわせて摂るようにしましょう。高温の中での運動や作業は控え、冷房を使うなどして室内の温度管理にも気をつけて下さい。熱中症に対してしばらく警戒が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい