週間 8月猛暑でスタート 逆走台風に注意

tenki.jp
あすからはようやく8月。列島の広い範囲で35度以上の猛暑でのスタートになりそうです。今週後半にかけても猛烈な暑さが続く見込みです。台風12号は今後も複雑な動きをする可能性があるため、長引く影響にご注意下さい。 あす8月の始まりも猛暑 あす1日は、逆走台風12号の影響で宮崎県など九州南部の南東斜面では雨量が多くなるでしょう。沖縄と九州南部、四国は雨や雷雨でしょう。九州北部や中国、近畿、東海、北陸、関東甲信、東北南部は晴れますが、山沿いは急な雷雨に注意が必要です。東北北部は午前は晴れますが、午後は雲が増えて雨の降る所があるでしょう。一方、北海道は午前は雲が多いですが、午後は次第に日差しが出る見込みです。 最高気温は九州北部から東北にかけて、広範囲で最高気温が35度以上の猛暑になるでしょう。福岡や広島、高松、大阪、名古屋、東京都心、仙台などで35度以上を予想しています。子供たちは夏休み中、プール日和にはなりますが、水の事故にはご注意下さい。 あさって以降も猛暑続く あさって2日は今週中では、暑さのピークになりそうです。一番猛暑になる地点数が多くなりそうで、九州から東北南部にかけて猛暑日を観測しそうです。その後も週末にかけてうだるような暑さの猛暑と夜は寝苦しい熱帯夜が続くでしょう。 台風12号は、西に進み、海水温の高い海域を通り、3日(金)には東シナ海で暴風域が発生、再発達する見込みです。南西諸島では海上を中心にうねりを伴った高波に注意してください。詳細はtenki.jpで確認して下さい。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック