九州 台風12号の影響長引く 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 台風12号の影響長引く

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


台風12号が、これからあす(31日)にかけて九州の南にほとんど停滞し、九州への影響が長引く見込みです。
台風の中心付近の活発な雨雲がかかる種子島・屋久島地方をはじめ、台風周辺の湿った空気の影響で九州の太平洋側などでも局地的に非常に激しい雨が降る恐れがあります。
また、九州は沿岸海上を中心に東よりの風が強く、あす(31日)にかけてうねりを伴い、波が高い状態が続く見込みです。強風と高波にも注意が必要です。

九州 局地的大雨に警戒を

台風12号は、きのう(29日)、瀬戸内海に沿うようにして西日本を西進したのち九州付近を南下しました。きょう(30日)は鹿児島県屋久島のすぐ西の海上に達しており、あす(31日)にかけて九州の南にほとんど停滞する見込みです。
台風の中心付近の活発な雨雲がかかりやすい種子島・屋久島地方をはじめ、台風周辺を流れる湿った空気の影響で、九州の太平洋側を中心に局地的に非常に激しい雨が降る恐れがあります。あす(31日)にかけて、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要です。
また、沿岸海上を中心に東寄りの風が強く吹き、うねりを伴って波が高い状態も続く見込みです。強風や高波にも、しばらく十分な注意をしてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい