台風12号 西日本を西進 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風12号 西日本を西進

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


台風12号は、29日5時現在、兵庫県明石市付近を西へ進んでいます。今後も台風は暴風域を伴ったまま西日本を西に進む見込みです。また、台風は次第に速度を落とすため、西日本では台風の影響が長時間続くおそれがあります。

西日本は台風の影響が長時間続くおそれ

台風12号は、29日5時現在、兵庫県明石市付近にあって、1時間に35キロの速さで西に進んでいます。中心の気圧は980ヘクトパスカル、最大風速は30メートルで、中心から70キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっています。このあとも、暴風域を伴ったまま西日本を西に進む見込みです。また、台風は次第に速度を落としながら30日にかけて西日本を進むため、西日本では台風による影響が長時間続くおそれがあります。
[大雨]
29日未明に、東海地方や近畿地方では1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降った所があり、特に奈良県では記録的な大雨となっています。この後、台風の西進に伴って、大雨の範囲は西日本の広い範囲に広がるでしょう。西日本では、30日にかけて、雷を伴った激しい雨が降り、大雨となる見込みです。近畿や中国地方では、1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれがあります。また、台風が通過した後も南から暖かく湿った空気が流れ込むため、太平洋側の南斜面を中心に大雨が続く見込みです。
【30日6時までに予想される24時間雨量(いずれも多い所で)】
四国地方、九州北部地方 250ミリ
中国地方、九州南部 200ミリ
東海地方、近畿地方 150ミリ
関東甲信地方 100ミリ
【31日6時までに予想される24時間雨量(いずれも多い所で)】
四国地方、九州北部地方 100から200ミリ
東海地方、九州南部 100から150ミリ
近畿地方 50から100ミリ
土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒して下さい。また、落雷や竜巻などの激しい突風に注意し、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めて下さい。
[暴風・高波・高潮]
台風12号の接近で、近畿地方の海上を中心に猛烈な風が吹き、海は大しけとなっています。台風は暴風域を伴って西に進むため、西日本では29日昼過ぎにかけて猛烈な風が吹き、その後も非常に強い風が吹くため、西日本の広い範囲で暴風となる見込みです。
海上は広い範囲でしけとなり、近畿地方では29日昼前にかけて大しけとなる所があるでしょう。
暴風に厳重に警戒し、うねりを伴った高波に警戒して下さい。
【30日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)】
近畿地方、中国地方 30メートル(40メートル)
四国地方、九州北部地方 25メートル(35メートル)
東海地方 20メートル(30メートル)
【30日にかけて予想される波の高さ】
関東地方、伊豆諸島、東海地方、近畿地方 6メートル
中国地方、九州北部地方、東北地方 5メートル
また、今は一年の中でも潮位が高い時期となっていますので、西日本では高潮にも警戒して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい