台風12号 東海に上陸の恐れ 警戒期間 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風12号 東海に上陸の恐れ 警戒期間

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


強い台風12号は、勢力を維持して28日夜遅くから29日未明にかけて東海地方に上陸する可能性が高くなっています。関東から九州北部では台風の接近に伴い暴風や大雨に警戒して下さい。

強い台風 東海に上陸の可能性高い

強い台風12号は、八丈島の東を北西へ進んでいます。今後も西よりに進路をとり、28日夜遅くから29日未明にかけて勢力を維持したまま東海地方に上陸する可能性が高くなっています。

暴風や大雨に警戒 災害に結びつくような雨も

台風の接近に伴い、関東から九州北部では、急に風が強まり、海上を中心に猛烈な風が吹くでしょう。海は猛烈なしけとなる見込みです。関東から九州北部の広い範囲で雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨の恐れがあります。関東や東海では局地的には1時間に80ミリ以上の、息苦しくなるような圧迫感がある猛烈な雨が降ることがあるでしょう。
各地域の暴風や大雨の警戒期間は図の通りです。台風の通過後も南から暖かく湿った空気が流れ込み、太平洋側の南斜面を中心に大雨が長く続く恐れがあります。
特に、西日本豪雨の被災地では通常より少ない雨でも土砂災害や河川の氾濫などが起こる恐れがあります。少しの雨でも避難路に泥水があふれることも予想されます。雨や風が強まってからでは避難ができなくなる恐れがありますので、早めの行動をとって下さい。

予想される風や波

29日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は
伊豆諸島、東海地方、近畿地方 35メートル(50メートル)
関東地方 30メートル(45メートル)
中国地方、四国地方 25メートル(35メートル)
北陸地方、九州北部地方 20メートル(30メートル)
です。
29日にかけて予想される波の高さは
関東地方、伊豆諸島、東海地方 10メートル
東北地方 7メートル
近畿地方 6メートル
中国地方、四国地方、九州北部地方 5メートル
です。

予想される雨量

29日12時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で
関東甲信地方、東海地方 400ミリ
伊豆諸島、四国地方 300ミリ
近畿地方、中国地方 200ミリ
東北地方、北陸地方 150ミリ
30日12時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で
九州北部地方 200から300ミリ
四国地方、中国地方 100から200ミリ
関東甲信地方、東海地方、近畿地方 50から100ミリ
です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい