北海道の1か月 8月は北海道らしい暑さに 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道の1か月 8月は北海道らしい暑さに

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


26日、札幌管区気象台は1か月予報を発表しました。8月のはじめにかけて暖かく湿った空気に覆われやすく、厳しい蒸し暑さとなる日が多いため、向こう1か月の平均気温は高くなりました。しかし、8月になりしばらくすると気温は平年並みとなり、北海道らしいカラッとした暑さに変わってくる見込みです。降水量は太平洋側で平年並みか多く、日本海側とオホーツク海側はほぼ平年並みでしょう。日照時間は各地域ともほぼ平年並みの見込みです。

7月28日~8月3日 厳しい蒸し暑さ!熱中症に警戒を

28日(土)の日中は天気の大きな崩れはなく、晴れ間の出る所が多いでしょう。29日(日)は広く雨が降るため、外出には雨具が必要となります。30日(月)以降は暖かく湿った空気に覆われ続けるため、雲が広がりやすく、31日(火)頃は北部を中心に雨の降る所があるでしょう。気温は全般に平年より高く、内陸を中心に真夏日が多くなる見込みです。湿度が高く、厳しい蒸し暑さとなる日が多いため、熱中症対策は忘れずにして、体調を崩さないように注意してください。

8月4日~8月10日 北海道らしいカラっとした暑さが戻る

高気圧と低気圧の影響を受けるため、天気は平年と同様に数日の周期で晴れたり、雨が降ったりするでしょう。夏休み後半もレジャー日和は期待できそうです。気温は平年並みとなるでしょう。北海道に蒸し暑い空気を流し込む太平洋高気圧の張り出しが弱まる時期があるため、北海道らしくない厳しい蒸し暑さは収まり、涼しい空気となったり、北海道らしいカラッとした暑さとなる日もある見込みです。

8月11日~8月24日 お盆を過ぎたらさわやか空気

引き続き、高気圧と低気圧の影響を受けるため、天気は平年と同じように数日の周期で変わるでしょう。気温はほぼ平年並みの見込みです。お盆を過ぎると夏の暑さは次第に収まり、さわやかな空気に包まれるようになってきそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい