西ほど高温 広く残暑で秋遠し 3か月予報 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

西ほど高温 広く残暑で秋遠し 3か月予報

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


8月は西日本を中心に気温が高いでしょう。9月は広い範囲で残暑が厳しく、秋の訪れは遅くなりそうです。最新の3か月予報をもとに、8月から10月の天候の特徴をまとめました。

8月の特徴は

8月はチベット高気圧の張り出しが強く、九州から近畿は暖かい空気に覆われやすいでしょう。気温は平年より高く、うだるような暑さの日や寝苦しい日が多くなりそうです。猛暑日が続出する日もでてくるでしょう。東海や北陸、関東甲信も高温傾向で、盛夏らしい暑さの日が多いでしょう。夏休みで屋外の活動が増える時期です。熱中症には引き続き警戒が必要です。東北や北海道は数日の周期で天気が変わる見込みです。気温は平年並みでしょう。沖縄・奄美は晴れる日が多く、気温は平年並みでしょう。降水量は全国的にほぼ平年並みの見込みです。

9月の特徴は

九州から関東甲信は気温が平年並みか高く、残暑が厳しいでしょう。9月になっても半袖で過ごせる日が多くなりそうです。東北や北海道は前線や湿った空気の影響を受けやすく、降水量は平年より多くなるでしょう。気温は平年並みか高い予想で、秋の訪れが遅くなるかもしれません。沖縄・奄美は、南からの湿った空気の影響を受けにくいでしょう。気温は平年並み、降水量は平年並みか少ない見込みです。

10月の特徴は

九州から関東甲信の気温は平年並みの予想です。暑さがぶり返す日もある一方で、秋がグッと深まる日がありそうです。東北と北海道は高気圧と低気圧が交互に通り、天気は数日の周期で変わるでしょう。気温は平年並みか高い見込みです。ただ、天気によって朝晩は急に冷え込む日もある時期で、服装選びに注意が必要になりそうです。沖縄・奄美は高気圧に覆われやすく、気温は平年並み、降水量は平年並みか少ないでしょう。

台風に注意

8月から9月は台風シーズンで、10月も前半を中心に台風の影響を受けることがあります。降水量が平年並みか少ないと予想されている地方でも、台風の接近に伴って降水量が増える時期があるかもしれません。秋雨前線が日本付近に停滞すれば大雨となることも考えられ、注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい