東海 23日は危険な暑さ 厳重警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東海 23日は危険な暑さ 厳重警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


あす23日の東海地方は、猛暑のピークを迎えます。特に岐阜県多治見市などでは、40℃に達する予想となっています。非常に危険な暑さとなるため、不要不急の外出や屋外活動は控えるようにしてください。やむを得ない場合も万全の対策をして、絶対に無理はしないでください。

きょうも軒並み猛暑日

22日の東海地方も、最高気温が35℃以上の猛暑日になった所が多くなりました。きのう21日よりも最高気温が高くなった所が多く、暑さがより厳しくなっています。愛知県名古屋市では39.5℃を記録し、7月の最高気温としては観測史上最も高くなりました。全国で最も気温が高くなったのは岐阜県の郡上市八幡で、39.8℃を記録し、観測史上1位の最高気温に並びました。今夜遅くにかけても30℃以上の状況が続くため、この後も熱中症には十分注意をしてください。

あすは猛暑のピーク 最高気温40℃の所も

あす23日も太平洋高気圧に覆われる見込みです。上空への暖かい空気の流れ込みがピークを迎えるため、猛暑のピークになるでしょう。内陸部を中心に40℃に迫る暑さとなる所が多く、岐阜県多治見市などでは、40℃に達する予想となっています。先日18日ごろのような、危険な暑さに厳重な警戒が必要です。

不要不急の外出・屋外活動は控える

日本で40℃超えを記録する日は多くなく、非常に危険な暑さです。さらに、東海地方では猛暑日が1週間以上続いている所が多く、身体には想像以上に疲れがたまっていると思います。そのような中で暑さのピークを迎えますので、あすは不要不急の外出や屋外活動は控えるようにしてください。やむを得ない場合も万全の対策をして、絶対に無理はしないでください。少しでも不調を感じたらすぐに休むようにしましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい