国内最高41度に迫る 危険な暑さ長期戦 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

国内最高41度に迫る 危険な暑さ長期戦

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像C

画像C


きょうは岐阜県の多治見市と美濃市で40度を超え、7月としては14年ぶりに40度以上に。日本の暑さの記録は高知県四万十市江川崎の41度。この先、少なくとも7月末まで40度に迫る危険な暑さが続き、長期戦に。熱中症に厳重な警戒が必要です。

14年ぶりに40度以上

きょう18日(水)は、最高気温が40度を超える猛烈な暑さとなりました。最高気温は岐阜県多治見市で40度7分、岐阜県美濃市で40度6分と、7月としては2004年以来14年ぶりに40度を超えました(午後4時まで)。8月を含めた通年だと40度以上は5年ぶりです。そのほかの各地も東北南部から九州にかけて所々で35度以上の猛暑日となり、18日(水)は全国188地点で猛暑日に(午後4時まで)。これで5日連続、猛暑日地点が100地点を超えました。

猛暑のトンネル長い

この先も、九州から東北南部は晴れて、所々で35度以上の猛暑日となり40度に迫る猛烈な暑さの所もあるでしょう。気象庁は7月22日(日)頃から約1週間、気温が平年よりもかなり高くなるとして、異常天候早期警戒情報を九州北部から東北の広い範囲に発表しています。少なくとも、7月末にかけて、危険な暑さが続きます。また、自然の打ち水である夕立は山沿いが中心のため、平地では地面に熱がこもり夜間の気温の下がり方が鈍く熱帯夜が続きます。18日(水)までに最低気温は東京は6日、名古屋や広島は7日、大阪は9日連続で25度以上となっています。この先も、日中だけでなく、夜間の熱中症にも厳重な警戒が必要です。一方、20日(金)から週末にかけて、熱帯低気圧(19日朝までに台風になる予想)が北上し、沖縄地方は影響がでる可能性があるため注意が必要です。また、西日本もこの熱帯低気圧周辺からの湿った空気の影響で、週末は平野部でもザッと雨の降る所がありそうです。最新の予報をこまめにチェックお願いします。

日本の暑さの記録は41度

日本の暑さの記録は、高知県四万十市江川崎で41度(2013年8月12日)。きょう18日(水)、40度7分を観測した岐阜県多治見市は、2007年に40度9分を観測し、熊谷と並んで歴代2位です。その他、各地の最高気温の記録は東京では39度5分、名古屋は39度9分、大阪は39度1分となっていますが、いずれも7月下旬から8月中旬のお盆にかけて記録されています。今年は各地で梅雨明けが早く、7月の早い時期から猛烈な暑さとなっており、危険な暑さが長く続きます。連日の猛烈な暑さで疲れもたまってきているところに、この先も厳しい暑さが続くため熱中症には厳重な警戒が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい