西日本・東海エリア 今後の天気と注意点 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

西日本・東海エリア 今後の天気と注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


19日(木)も大体晴れて、危険な暑さが続くでしょう。熱中症に厳重に警戒して下さい。

19日も熱中症に警戒

19日(木)も九州から東海は晴れて、危険な暑さが続きそうです。最高気温は広島は36度、岡山や松山は35度と猛暑日でしょう。京都や岐阜は38度と体温を超すような暑さが続きそうです。19日(木)も熱中症に厳重な警戒が必要です。
気温の上がる午後は大気の状態が不安定になり、にわか雨や雷雨の所があるでしょう。東海や中国地方ではバケツをひっくり返したような激しい雨の降る所もありそうです。天気の急な変化にもご注意下さい。危険な場所には近づかないようにしましょう。

猛暑が続く

この先1週間も晴れて、厳しい暑さが続くでしょう。最高気温は35度前後の所が多く、危険な暑さが続きそうです。熱帯夜の所も多く、寝苦しい夜が続くでしょう。
被災地での復旧作業の際も熱中症に厳重な警戒が必要です。できるだけ、のどの渇きを感じる前にこまめに水分を補給し、汗をたくさんかいたら適度に塩分をとるようにして下さい。適切に休憩もとり、無理のないようにしましょう。高齢者や小さなお子さんは体調を崩していないか、周りの方が気づかってあげて下さい。
寝る前にコップ一杯の水を飲むなど、夜間の熱中症対策も心がけて下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい