九州 背の高い高気圧に覆われ、猛暑! 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 背の高い高気圧に覆われ、猛暑!

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


きょう(17日)も九州は背の高い高気圧に広く覆われ、安定した夏空が続きました。最高気温は佐賀県佐賀市で36.9度まで上がるなど、内陸を中心に35度以上の猛暑日の所がありました。九州は今週後半にかけても猛暑が続くでしょう。

大分・日田 福岡・久留米 猛暑日9日連続

上空5000メートルから1万メートルの天気図では、夏の高気圧の中心は九州のすぐ北にあり、九州は各地とも背の高い高気圧にすっぽりと覆われています。このため、きょう(17日)も強い日差しが照りつけ、朝からぐんぐん気温が上がりました。きょう(17日)の九州の最高気温は、1位は佐賀県佐賀市で36.9度まで上がり、2位は大分県日田市と宮崎県えびの市の加久藤で36.8度、4位は福岡県久留米市で36.6度など、内陸を中心に35度以上の猛暑日となりました。大分県日田市と福岡県久留米市は7月9日の梅雨明け(九州北部)以降、35度以上の猛暑日が継続しており、きょう(17日)で9日連続です。

体温並みの暑さは今週後半も

九州はこれからしばらく同じような気圧配置が続くため、最高気温は各地で35度前後まで上がり、今週後半も猛烈な暑さが続く見込みです。内陸を中心に体温並みまで気温が上がる所が多く、熱中症になる危険性がさらに高まります。屋外ではもちろん、室内でも気温が高いと熱中症にかかることがあるため、冷房を使うなどして室内の温度管理にも気をつけて下さい。特に高齢者や乳幼児、体調が優れない方は熱中症になりやすいので、周りの方が気遣うようにしましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい