17日 西日本・東海エリアの天気と注意点 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

17日 西日本・東海エリアの天気と注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


17日(火)も広く高温注意情報がだされています。引き続き熱中症に十分な注意が必要です。

熱中症に十分注意

17日(火)も九州から東海にかけては太平洋高気圧の圏内で広く晴れて、猛烈な暑さが続くでしょう。最高気温は広く35度以上の猛暑日となる見込みです。岐阜や京都は38度と体温を超すような暑さが続くでしょう。岡山も37度とうだるような暑さに、広島や松山も34度と厳しい暑さが続きそうです。
九州から東海にかけても広く高温注意情報がでています。熱中症の危険が高まっています。被災地での復旧作業は熱中症に十分注意し、無理のないようになさって下さい。できるだけ、こまめな水分補給を心掛けて、休憩もとるようになさって下さい。
また、中国や近畿、東海では昼過ぎから夕方にかけて光化学スモッグの発生しやすい気象状態となりますので、屋外での活動に十分注意して下さい。
夜間も気温の下がり方は鈍く、22時頃まで30度以上で経過する所もあるでしょう。寝る前にコップ一杯の水を飲むなど夜間の熱中症対策も心がけて下さい。

天気の急変に注意

天気の急変にも注意が必要です。気温の上がる午後は大気の状態が不安定です。東海や近畿、中国、四国では山沿いや内陸部を中心に雨雲や雷雲が発達するでしょう。バケツをひっくりかえしたような激しい雨の降る所もありますので、注意が必要です。危険な斜面には近づかないようにして下さい。九州も一部でにわか雨があるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい