連休最終日も灼熱列島 水分補給を怠らずに 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

連休最終日も灼熱列島 水分補給を怠らずに

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C

画像D

画像D


連休中日のきょう(15日)も各地でうだる暑さとなり、猛暑日地点数が今年初めて200に達しました。連休最終日のあす(16日)も日中は軒並み30度以上、まさに灼熱列島と言えそうです。連休中日のきょう(15日)も各地でうだる暑さとなり、猛暑日地点数が今年初めて200に達しました。
連休最終日のあす(16日)も日中は軒並み30度以上、まさに灼熱列島と言えそうです。暑さが特に際立つのは関東から西の地域で、既に東北地方から九州地方に高温注意情報が出ている状況です。各地でどのくらい気温が上がるのか確認します。

予想最高気温(東日本)

関東甲信、東海、北陸の主な地点の予想最高気温は以下の通りです。
38度:甲府 熊谷
37度:前橋 さいたま 名古屋 岐阜
35度:水戸 宇都宮 東京 横浜 富山 福井
34度:千葉 長野 金沢

予想最高気温(西日本)

近畿、中国、四国の主な地点の予想最高気温は以下の通りです。
37度:京都
36度:大阪 奈良 岡山
35度:彦根 佐賀 熊本
34度:和歌山 広島 鳥取 大分 鹿児島

衰え知らずの暑さ 週後半再びピークに!

この先も夏の太平洋高気圧の勢力が強く、列島を暑い空気がすっぽりと覆います。このため、今回の極端な暑さは向こう一週間続く予想です。名古屋は連日猛暑日で、東京や大阪も日中は35度前後の日が続きます。また、そのいずれもが朝の早い段階から30度を超え、息苦しさを感じる暑さです。風通しの良い服装で熱を溜めず、すぐに水分をとれるよう水筒やペットボトルを常に携帯しておきましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい