非常に強い台風8号 猛烈な風や雨の恐れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

非常に強い台風8号 猛烈な風や雨の恐れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


非常に強い台風8号は勢力を保ったまま、宮古島や石垣島など先島諸島にかなり接近する予想です。10日(火)は猛烈な風が吹き荒れ、猛烈な雨が降る恐れがあります。

非常に強い台風8号 勢力保ちかなり接近

台風8号は非常に強い勢力を保ったまま、10日(火)に宮古島や石垣島など先島諸島にかなり接近するでしょう。台風の速度が比較的早いため、先島諸島では10日(火)は急激に風が強まる恐れがあります。

猛烈な風や猛烈なしけ、猛烈な雨

台風の接近で沖縄では10日(火)は暴風となり、先島諸島では猛烈な風が吹き荒れるでしょう。予想される最大風速は先島諸島で50メートル、最大瞬間風速は70メートルです。猛烈な風とは多くの樹木が倒れ、走行中のトラックが横転してしまうほどの風で、厳重な警戒が必要です。不要不急の外出は避けるようにして下さい。また、沖縄の海上はうねりを伴ってすでに大しけとなっており、10日(火)は先島諸島では猛烈なしけとなるでしょう。海岸付近には近づかないようにして下さい。
10日(火)は台風周辺の活発な雨雲もかかり、1時間に100ミリと圧迫感のあるような猛烈な雨が降る恐れがあります。予想される雨量は多い所で10日18時までの24時間で250ミリ、10日18時から11日18時までの24時で200ミリから300ミリです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒して下さい。落雷や竜巻などの激しい突風による被害の起こる恐れもあり、注意が必要です。

本州への影響は

台風8号は先島諸島に接近したあとも、西よりへ進み、大陸方面へと進む見込みで、本州付近は直接的な影響はない見込みです。ただ、九州から関東の太平洋側はうねりが入るため、高波に注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい