岐阜県 で約100ミリ 記録的短時間大雨

tenki.jp

岐阜県美濃市付近では8日午前0時40分までの1時間に約100ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、岐阜県に「記録的短時間大雨情報」が発表されました。

岐阜県美濃市付近で猛烈な雨

【追記】岐阜県郡上市八幡付近では、気象庁のレーダーによる解析で8日(日)の午前1時20分までの1時間に約100ミリの雨が降ったとみられ、記録的短時間大雨情報が発表されました。

【追記】岐阜県の関市下之保付近と関市富之保付近では、気象庁のレーダーによる解析で8日(日)の午前1時00分までの1時間に約100ミリの雨が降ったとみられ、記録的短時間大雨情報が発表されました。
梅雨前線が九州から東北付近へと延びています。南から暖かく湿った空気が流れ込み、九州や四国、東海地方の所々で雨雲が発達しています。
現在、岐阜県には大雨特別警報が発表されています。
岐阜県美濃市付近では、気象庁のレーダーによる解析で8日午前0時40分までの1時間に約100ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、岐阜県に「記録的短時間大雨情報」が発表されました。
土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に引き続き最大級の警戒が必要です。

記録的短時間大雨情報とは

数年に一度しか発生しないような短時間の大雨を観測・解析した時に、各地の気象台が発表します。(基準は地域ごとに異なります)その地域にとって「災害の発生につながるような、稀にしか観測しない雨量」であることをお知らせするため発表するものです。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック