経験ない危険な大雨 警戒期間いつまで 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

経験ない危険な大雨 警戒期間いつまで

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


記録的な大雨により、命にかかわる重大な災害が発生するおそれがあります。7日午後も九州から関東甲信では局地的に非常に激しい雨が降るでしょう。雨が弱まったとしても、決して油断しないでください。

岡山県、鳥取県、兵庫県、京都府に大雨特別警報が継続中

西日本を中心に記録的な大雨となっており、命にかかわる重大な災害が発生するおそれがあります。きょう7日午前11時現在も岡山県、鳥取県、兵庫県、京都府に大雨特別警報が発表されています。梅雨前線は引き続き西日本に停滞し、活動が活発な状態が続くでしょう。土砂災害、河川の増水や氾濫、低い土地の浸水に最大級の警戒が必要です。
なお、広島県の大雨特別警報は、午前10時50分に警報に切り替わりました。

雨が弱まっても油断せず

現在、大雨特別警報が解除されたり、発表されていない所も決して油断はできません。九州から関東甲信では、きょうの午後も断続的に激しい雨が降り、局地的には滝のような非常に激しい雨が降るでしょう。
今回の大雨は、数日にわたって降り続いており、しかも広範囲に及んでいます。地盤はたっぷりと水を含んでおり、あちらこちらの川が氾濫危険水位を超えています。いったん降り方の弱まった所でも、土砂災害が発生したり、川の上流で降った雨により急に増水することが考えられます。崖などの急な斜面や増水した川などには決して近づかないでください。自治体からの情報をこまめに入手しつつ、tenki.jpで豪雨レーダーや雨雲の動きをチェックして、災害に備えましょう。

東北や北海道も激しい雨に

また、前線上の低気圧があす8日にかけて北日本へ進むため、東北や北海道でも激しい雨の降る所がありそうです。北海道では、これまでの長雨で増水している河川や地盤の緩んでいる所があり、再び土砂災害や洪水の危険度が高まります。十分に警戒してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい