豪雨 最大級の警戒を 重大な災害の恐れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

豪雨 最大級の警戒を 重大な災害の恐れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


7日午前8時10分現在、1府4県に大雨特別警報が発表中。西日本と東日本では広い範囲で土砂災害や洪水の危険が高まっており、重大な災害が発生する恐れも。最大級の警戒を。

1府4県に大雨特別警報

7日、本州付近には前線が停滞し、暖かく湿った空気が次々と流れ込んでいます。西日本を中心に記録的な雨となり、既に土砂崩れや河川の氾濫などが発生している所があります。午前8時10分現在、広島県、岡山県、鳥取県、兵庫県、京都府の1府4県に大雨特別警報が発表中です。西日本と東日本では広い範囲で土砂災害や洪水の危険が高まっていて、さらなる重大な災害が発生するおそれも。大雨特別警報は今後、雨の降り方によっては他の地域にも発表される可能性もあります。
*福岡県、佐賀県、長崎県の特別警報は午前8時10分に警報や注意報に切り替わりました。

8日にかけて局地的に激しい雨

九州から北海道の広い範囲で、8日にかけて激しい雨が断続的に降る見込みです。あす8日午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で四国地方、九州北部地方で300ミリ、九州南部、東海地方で250ミリ、中国地方、近畿地方、北陸地方で200ミリ、関東甲信地方、東北地方、北海道地方で120ミリとなっています。道路が川のようになってしまったり、車の運転はブレーキが効かなくなってしまったりするなど、危険な状態になることも予想されます。9日にかけてもさらに雨量が増えるおそれがあります。土砂災害や河川の増水、氾濫、低い土地の浸水に最大級の警戒をし、早め早めに安全な場所に自主的に避難をしてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい