1か月予報 豪雨の後は日差し強烈・猛暑に 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

1か月予報 豪雨の後は日差し強烈・猛暑に

tenki.jp
メイン画像

メイン画像


向こう1か月は、東日本・西日本は大雨のあと晴れて厳しい暑さが戻りそうです。一方、北日本はすっきりしない天気が続きそうです。

東日本・西日本 大雨から一転、夏本番の陽気が続く

東日本・西日本は、大雨のあと、9日(月)以降は、太平洋高気圧が勢力を強めて本州付近を覆うため、晴れる日が多く、厳しい暑さとなるでしょう。高温が予想されるため、こまめに水分を補給したり、適切に冷房を使用したりして熱中症の予防に努めましょう。

沖縄・奄美地方 台風8号の動向に注意

沖縄・奄美地方は、1週目(7/7~7/13)は、台風8号や湿った空気の影響を受けやすく、平年に比べて晴れる日が少ない見込みです。これまでに雨量が多くなっている地域では地盤が緩んでいる可能性もあり、今後の台風の進路などは最新の情報を利用してください。2週目以降(7/14~)は、晴れる日が多く、気温は平年並みか高い見込みです。

北日本 すっきりしない天気

北日本は梅雨前線の影響で、1週目から2週目(7/7~7/20)にかけては曇りや雨の日が多くなりそうです。3週目から4週目(7/21~8/3)は、数日の周期で天気が変わるでしょう。向こう1か月の日照時間は平年並みか少なく、降水量は平年並みか多いでしょう。北日本はすっきりしない天気が続き、夏の陽気はまだ遠そうです。
※北日本:北海道、東北
※東日本:関東甲信、東海、北陸
※西日本:近畿、中国、四国、九州


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい