梅雨前線 九州付近で再び活発化 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

梅雨前線 九州付近で再び活発化

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


きょう(5日)は、梅雨前線が再び九州付近で活動を強めています。
梅雨前線は、これからあす(6日)にかけて九州北部付近に停滞する見込み。前線に向かって流れ込む湿った空気の影響で次々に活発な雨雲が発生し、九州北部・南部とも、局地的に1時間50ミリ~60ミリの非常に激しい雨が降る恐れがあります。
九州は、すでにこれまでに降った大雨の影響で地盤が緩んでおり、土砂災害や浸水害に対して十分な注意・警戒が必要です。

梅雨前線、活発化

きょう(5日)からあす(6日)にかけて、梅雨前線が九州北部付近に停滞し、活動を強める見込みです。
前線に向かって非常に湿った空気が流れ込むため、大気の不安定な状態が続き、活発な雨雲が次々に発生。これからあす(6日)にかけて、九州北部・南部とも、1時間50ミリから60ミリの非常に激しい雨が降る所があり、新たに大雨となる恐れがあります。九州は、すでにこれまでに降った大雨の影響で地盤が緩んでおり、今後、土砂災害や浸水害の危険はさらに高まっていきます。
テレビやラジオからの情報に留意をし、tenki.jpをはじめ、インターネットからも積極的に情報を収集するようにしましょう。危険を感じたら早めの避難が肝心です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい