数日間続く「めったにない大雨」 警戒期間

2018/07/04 19:01

メイン画像
メイン画像
台風がなくなっても油断できません。本州付近には、活発な前線が数日間停滞する見込みで、梅雨時でもめったにない大雨になる恐れがあります。各地の警戒期間をまとめました。 前線活発化 集中豪雨の恐れ 台風が運んだ暖かく湿った空気で、前線が活発化。次第に本州まで南下し、災害レベルの大雨に厳重な警戒が必要なパターンです。特に、九州から東海を中心に、数日間同じような場所で大雨が続く恐れがあります。 各地の大雨に警戒が必要な期間 【九州〜東海】5日の朝から週末にかけて、梅雨時期にしても雨の量がかなり多くなる見込みです。太平洋側を中心に断続的に活発な雨雲がかかり続け、めったにないような雨量になる所もありそうです。5日〜6日までの2日間の雨量は多い所で500ミリを超え、8日にかけてさらに増える見込みです。 【北陸・甲信】5日を中心に激しい雨が降り、特に6日ごろまでは広い範囲で警戒が必要です。5日〜6日にかけての雨量は、多い所で、500ミリくらい予想されています(福井県・長野県南部中心)。 【関東・東北南部】5日の午後から7日頃にかけて、山沿いを中心に大雨に注意が必要です。5日〜6日にかけての雨量は、多い所で、200〜250ミリくらい予想されています。 【北海道・東北北部】台風7号から変わった温帯低気圧の影響で、5日にかけて、激しい雨が降りそうです。これまでの大雨で、すでに地盤が緩んでいる所もあります。土砂災害や川の氾濫などに、警戒が必要です。

あわせて読みたい

  • さらに広範囲で「災害級の大雨」か

    さらに広範囲で「災害級の大雨」か

    tenki.jp

    7/4

    台風北上 月曜にかけ関東や東海大雨の恐れ

    台風北上 月曜にかけ関東や東海大雨の恐れ

    tenki.jp

    6/9

  • 大雨ピーク2回 雨量500ミリ超えも

    大雨ピーク2回 雨量500ミリ超えも

    tenki.jp

    9/16

    総雨量1200ミリ超え 台風10号警戒期間

    総雨量1200ミリ超え 台風10号警戒期間

    tenki.jp

    8/15

  • 九州南部 総雨量240ミリ超え 今夜まで大雨に警戒

    九州南部 総雨量240ミリ超え 今夜まで大雨に警戒

    tenki.jp

    5/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す