台風7号 東北への影響は? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風7号 東北への影響は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


強い勢力の台風7号は、奄美大島の西の海上を北上していて、3日火曜日の夜には日本海へ進み、今週の中頃には東北地方に近づいてきそうです。台風周辺から暖かく湿った空気が流れ込むため、4日水曜日から5日木曜日頃は、東北地方でも大雨や強風、高波に注意・警戒が必要です。

きょうも厳しい暑さに

きょうは福島県喜多方市では午後1時38分に、36.9度まで気温が上がり、全国で3位の暑さになっています。福島市では36.6度と3日連続で猛暑日になるなど、東北地方でも厳しい暑さが続いています。特に気温の急上昇で大気の状態が不安定となり、現在も内陸部を中心に、ところどころで雨雲が発達しています。こうした雷雲の発生しやすい状態は5日木曜日頃まで続きそうです。引き続き、急な空模様の変化にご注意下さい。

台風7号 東北への影響は?

台風7号は3日火曜日の夜には日本海へ進み、今週の半ばには東北地方に近づいてきそうです。台風周辺の暖かく湿った空気が強く流れ込むため、4日水曜日から5日木曜日にかけて青森県、秋田県、岩手県など、北部を中心に大雨となるおそれがあります。東北南部でも、大気の状態が不安定になり、局地的に積乱雲(雷雲)が発達しやすくなる見込みです。また沿岸部を中心に風が強まり、海上では波が高くなるでしょう。

晴天から梅雨の大雨に

6日金曜日以降は、東北地方に梅雨前線が停滞し、雨脚の強まる時間帯もあって雨量が多くなりそうです。ここ数日間の夏のような晴天から一転して、梅雨空に変わる見込みです。今後も最新の台風情報や週間予報にご注意下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい