九州北部 梅雨末期の大雨に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州北部 梅雨末期の大雨に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


きょう(27日)の九州は晴れ間が出ましたが、にわか雨も降る変わりやすい天気となっています。あす(28日)以降は梅雨前線がやや南下し、九州北部付近には湿った空気が強く流れ込む見込みです。このため、あす夜からあさって(29日)にかけて、九州北部は局地的な大雨が降るおそれがありますので、注意が必要です。

あす(28日) 壱岐・対馬 雨の降り方に注意

きょう(27日)の九州は晴れ間は出ましたが、北部を中心ににわか雨が降る変わりやすい天気となっています。
あす(28日)は朝鮮半島付近の梅雨前線が夜には対馬海峡付近まで南下してくるでしょう。このため、長崎県の壱岐・対馬地方は、あす(28日)は断続的に雨が降り、雷を伴いバケツをひっくり返したような激しい雨が降る所がある見込みです。発達した積乱雲の下では竜巻などの激しい突風にも注意して下さい。

あさって(29日)梅雨末期の大雨のおそれ

あさって(29日)は梅雨前線が九州北部の対馬海峡沿岸まで南下し、活動が活発になるでしょう。九州は北部を中心に大気の状態が非常に不安定になり、活発な積乱雲が発生するおそれがあります。梅雨末期の集中豪雨が発生するおそれがありますので、気象台や自治体から出される情報に十分気をつけ、最新の気象状況をこまめにチェックしてください。危険な崖や川の近くにお住まいの方は特に注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい