梅雨明け早く酷暑 残暑厳しい 3か月予報 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

梅雨明け早く酷暑 残暑厳しい 3か月予報

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


この先3か月は全国的に気温が高く、特に7月は例年以上に厳しい暑さになるでしょう。最新の3か月予報をもとに7月、8月、9月に予想される天候の特徴をまとめました。

7月

7月は、北日本と、東日本の日本海側では暖かく湿った空気が流れ込みやすいでしょう。このため平年と同様に曇りや雨の日が多く、降水量は平年並みの見込みです。気温は平年より高く、ムシムシする日が多くなるでしょう。東日本の太平洋側や西日本では太平洋高気圧に覆われやすいでしょう。梅雨明けは平年より早くなる可能性があります。連日のように強い日差しが照りつけ、うだるような暑さの日が多くなりそうです。真夏としても極端に暑い日が出てくるかもしれません。沖縄・奄美は湿った空気の影響を受けにくく、夏空の日が多いでしょう。気温は平年並みか高い見込みです。

8月

8月は、太平洋高気圧の勢力が北側で強いでしょう。北日本では高気圧に覆われる日と気圧の谷の影響を受ける日があり、天気は数日の周期で変わる見込みです。東日本と西日本、沖縄・奄美は晴れの日が多いでしょう。気温は全国的に平年並みか高い見込みです。体温を超えるような暑さに見舞われる日があったり、猛暑日や熱帯夜が続いたりすることも考えられます。日中はもちろん、夜間も熱中症に注意が必要です。

9月

9月は、北日本は前線や湿った空気の影響で、平年に比べ晴れの日が少ないでしょう。降水量は平年並みか多い見込みです。東日本と西日本の日本海側では、天気は数日の周期で変わるでしょう。西日本の太平洋側と沖縄・奄美では晴れの日が多い見込みです。気温は全国的に平年並みか高く、厳しい残暑が予想されます。例年、9月に猛暑日となったり、その年の最高気温が観測されたりすることもあります。寝苦しい日も多くなるでしょう。
※北日本・・・北海道、東北 東日本・・・関東、東海、北陸 西日本・・・近畿、中国、四国、九州

台風への備えも

なお、8月から9月は台風シーズンでもあります。降水量は北日本を除いて平年並みか少ない予想ですが、台風がひとたび近づけば、降水量が一気に増えて大雨になる恐れもあります。台風への備えも忘れないようにしてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい