近畿地方 今後の大雨の見通し 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

近畿地方 今後の大雨の見通し

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


近畿地方では20日にかけて大雨となる恐れがあります。地震で揺れの大きかった大阪府北部も断続的に雨で、20日の午前中を中心に激しく降る所がありそうです。

19日は土砂降りの所も

きょう19日は梅雨前線が九州付近に延びて、近畿地方は雨の降っている所が多くなっています。奈良県吉野町では1時間に20ミリの土砂降りの雨を観測しました。今夜にかけては、さらに広い範囲に雨雲がかかり、だんだん雨脚が強まるでしょう。

20日は大雨の恐れ

梅雨前線は、20日には近畿地方まで北上して停滞する見込みです。このため20日に日付が替わる頃から発達した雨雲がかかりやすくなります。明け方から昼頃にかけては大阪府でもバケツをひっくり返したような激しい雨の降る所があるでしょう。午後も近畿中・南部を中心に断続的に強い雨が降り、大雨となる恐れがあります。局地的には非常に激しい雨が降り、わずか一日程度で平年6月ひと月分の雨量に相当するような雨が降ると予想されている所もあります。
地震で揺れの大きかった地域では地盤の緩んでいる所があり、少しの雨でも土砂災害に注意してください。また大気の状態が不安定になるため、突風が吹く所もあるでしょう。屋根のシートなどが飛ばされることも考えられ、注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい