週明け月・火は大雨に要注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週明け月・火は大雨に要注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


台風6号はきょう16日(土)に沖縄本島地方から奄美地方を通過し、午後6時現在、奄美大島の南南東の海上を東北東に進んでいるとみられます。このあとあす17日(日)には温帯低気圧に変わる予想ですが、油断は禁物です。

あす17日 貴重な晴れ間を逃すべからず

きょう16日(土)は、東海から九州では梅雨の晴れ間となりましたが、あす17日(日)は日差しの届くエリアが関東や東北にも拡大します。沖縄は天気が回復し、日中は晴れ間が広がります。九州から東海にかけてはきょうに引き続き、梅雨の中休みとなりそうです。関東や北陸、東北、北海道は雲は広がりやすいですが、昼前後は日差しが届く見込みです。一瞬の日差しを逃さないでくださいね。

温帯低気圧に変わっても要注意

週明け18日(月)から19日(火)は台風から変わる温帯低気圧が日本の南岸を東進する予想です。台風の構造が温帯低気圧化するだけで、非常に湿った空気の塊に違いはありません。18日の日中から19日の午前中は西日本から東日本の太平洋側では低気圧の雨雲がかかり、週明け早々傘の手放せない天気になる予想です。特に東海や関東では雨脚が強まり、大雨の可能性もあります。今後も台風や低気圧の動向には注意をお願いします。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい