台風だけじゃなく 梅雨前線の雨にも注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風だけじゃなく 梅雨前線の雨にも注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


沖縄・奄美は16日(土)にかけて大雨による災害に警戒。九州から本州も来週は台風周辺の湿った空気や前線の影響で広く雨となるでしょう。

沖縄 大雨による災害に警戒

15日(金)、沖縄・奄美は梅雨前線が停滞し、台風の接近前から大雨となった所がありました。台風6号は、15日(金)夜遅くにかけて石垣島など八重山地方に最も接近。さらに16日(土)には沖縄・奄美に接近する見込みです。沖縄・奄美では前線や台風に伴う発達した雨雲がかかり、局地的に非常に激しい雨が降るでしょう。大雨による災害が発生するおそれがあります。土砂災害に厳重な警戒が必要です。また、非常に強い風が吹き、海上はうねりを伴い大しけとなるでしょう。

週末の天気

16日(土)は、九州から東海は梅雨の晴れ間が広がり、日中の気温は30度くらいまで上がる所もあるでしょう。関東は昼頃まで広く雨で、午後も弱い雨の残る所がありそうです。梅雨寒が続き、昼間も羽織る物があるとよいでしょう。北陸や東北、北海道もスッキリしない天気で、この時期としては気温の低い状態が続きそうです。17日(日)は晴れる所が多く、関東や北陸のヒンヤリは解消するでしょう。

月曜日以降の天気

台風6号は17日(日)の朝には温帯低気圧に変わる見込みですが、台風周辺の湿った空気が本州付近に流れ込むでしょう。そんな中、18日(月)から19日(火)にかけては梅雨前線が本州南岸まで北上して、広い範囲で雨が降りそうです。雨脚が強まる可能性もありますので、台風情報や気象情報は最新のものを確認してください。その後、来週後半にかけても本州付近に前線が停滞しやすく、梅雨空が続きそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい