台風5号 大雨と強風の警戒期間 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風5号 大雨と強風の警戒期間

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


大型で強い台風5号はきょう(10日)昼過ぎに沖縄の大東島地方に最も接近し、あす(11日)には東京の伊豆諸島や小笠原諸島に接近する見込みです。あすにかけて関東や東海では大雨のおそれがあります。

大型で強い台風5号 大東島地方に接近

午前10時現在、大型で強い台風5号は南大東島の南南西約60キロにあって、1時間におよそ30キロで東北東へ進んでいるとみられます。中心の気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで中心の南東側220キロ以内と北西側70キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっています。また、中心の南東側750キロ、北西側300キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。
台風はこのあと暴風域を伴ったまま沖縄の南海上を北東へ進み、昼過ぎには沖縄県の大東島地方に最も接近、その後は勢力をやや弱めながら日本の南を北東へ進む見込みです。あす(11日)には東京の伊豆諸島や小笠原諸島に近づくおそれがあります。台風の北上に伴い、あすにかけて東日本の太平洋側で梅雨前線の活動が活発となる見込みです。

関東・東海 大雨のおそれ

伊豆諸島できょう夕方から、関東地方の沿岸部で夜の初め頃からあす夕方にかけて広い範囲で1時間に30ミリ以上の激しい雨が降るでしょう。局地的には1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。あす12時までの24時間に予想される雨量は多い所で、伊豆諸島300ミリ、関東地方は200ミリです。
東海地方もきょう昼過ぎからあす昼前にかけて、雷を伴い1時間に30ミリ以上の激しい雨が降る所があり、湿った東風の影響を受けやすい三重県や静岡県を中心に大雨となるおそれがあります。あすにかけて予想される1時間雨量はいずれも多い所で、愛知県、岐阜県は25ミリ、三重県、静岡県は40ミリです。あす12時までの24時間に予想される雨量は東海地方の多い所で200ミリです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい