大型台風北上 前線活発 関東も大雨の恐れ

tenki.jp

10日(日)、大型の台風5号が暴風域を伴いながら北上。まもなく大東島地方に最も接近へ。大東島地方では暴風や高波に警戒。関東甲信や東海では梅雨前線の活動が活発になり、夜から局地的に激しい雨や雷雨も。

大型台風5号 大東島地方へまもなく接近

10日(日)、大型の台風5号は、暴風域を伴いながら南大東島の南西を東北東へ進んでいます。昼過ぎには大東島地方に最も接近する見込みです。大東島地方では猛烈な風が吹いたり、うねりを伴って大しけとなる見込みです。その後は日本の南を北東に進むでしょう。あす11日(月)には伊豆諸島や小笠原諸島に接近し、大しけとなる見込みです。あす11日(月)にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、大東島地方は30メートル(45メートル)、11日にかけて予想される波の高さは、大東島地方は8メートル、小笠原諸島は7メートル、伊豆諸島は6メートルです。暴風や高波に警戒してください。

前線の影響 関東など激しい雨や雷雨の所も

この台風5号の北上に伴って、日本の南に東西に延びる梅雨前線も次第に北上し、活動が活発になる見込みです。そのため、特に関東甲信地方や東海地方では大雨の恐れがあります。きょう10日(日)は次第に雨の範囲が広がり、沿岸部を中心に、夜のはじめ頃から激しい雨や雷雨の所があるでしょう。あす11日(月)の日中にかけて広く雨が降り、1時間に30ミリ以上の激しい雨が降る見込みです。局地的にカミナリを伴うでしょう。あす11日(月)午前6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で伊豆諸島は250ミリ、東海地方は200ミリ、関東地方は150ミリとなっています。まとまった雨となり、今年一番の雨量となる所もありそうです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。また雨や風の強まる時間が朝の通勤・通学の時間帯と重なることも予想されます。傘をさしていてもぬれてしまうほどの大雨となりそうですので、お出かけの際はしっかりした傘に、レインブーツ、レインコートなど、万全の雨対策をしたほうが良いでしょう。また交通機関に影響が出る恐れがありますので、通勤・通学の際は時間に余裕を持ってお出かけください。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック