台風5号 あす大東島に接近 関東も影響か

tenki.jp

大型の台風5号は、9日(土)正午現在、沖縄の南を北上中。あす10日(日)には暴風域を伴いながら、大東島地方に最も接近する見込み。うねりを伴った高波や強風に注意・警戒してください。関東地方でも10日(日)から11日(月)にかけて大雨となるおそれがあります。今後の気象情報にご注意ください。

大型台風5号 沖縄の南を北上中

大型の台風5号は、9日(土)正午現在、沖縄の南を北東に進んでいます。10日(日)には暴風域を伴いながら、大東島地方に最も接近し、明け方から暴風となるでしょう。大東島地方で10日(日)にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は23メートル(35メートル)、10日(日)にかけて予想される波の高さは7メートルです。波はうねりを伴って高くなりますので、高波に警戒が必要です。また風も非常に強くなりますので、強風にもご注意ください。

関東地方への影響は?

台風5号はあさって11日(月)午前9時には日本の南に進み、12日(火)には日本の東へ進む見込みです。それに伴って、梅雨前線が本州付近まで北上するでしょう。前線に向かって台風の周辺から暖かく湿った空気が次々と流れ込み、前線の活動が活発になる見込みです。東日本や東北の太平洋側では大雨で荒れた天気となるおそれがあります。関東地方でも特に10日(日)から11日(月)にかけて影響を受けそうです。10日(日)は午前中から雨の降る所があるでしょう。午後は次第に雨の範囲が広がり、局地的に雨脚が強まったり、風が強まったりする見込みです。お出かけされる方は早めの帰宅を心がけた方が良いでしょう。また11日(月)の通勤・通学の時間帯には沿岸部を中心に雨や風が強まることも予想され、交通機関に影響が出ることもありそうです。今後の気象情報にご注意ください。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック